彩り雲を見上げて・・・

戯れの遊びの事、ひとり言、たわごと、つぶやき、夢うつつ。        ただ、なんとなく綴って見たい事を、我儘気ままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラノベ

私にとっての娯楽といえば
 いつもならば
 なんらかのオンラインゲームに 明け暮れる~ってのが定番

けれど、時々 別の何かに 魅了され
オンラインゲームの月額課金を無駄に してしまうことがあります;


少し前だと、「昭和元禄落語心中」というアニメ作品
(この作品は 見た後の 余韻が ヤバかったなぁ…)
そして今回は、「ダンまち12巻」 でした


11巻は 他巻に比べて はかどらなくって
 ちょくちょく止まっては続きを読む感じで 半年以上掛けてしまったけど
 今回は1日で一気に読み切ってしまったw

新章突入 という事で原点回帰+登場人物の成長分だけパワーアップな
 ド直球な内容ではあるのだけども
 その分わかりやすくって爽快感があったなぁ

これまでが奇想天外に話が広がって行く感じで、
 読んでいて気持ちが少しづつ重く憂鬱になっていた私にとっては
 深く考えずに終始ワクワクしながら読み切れたのが心地よかったw

 楽しかったよぅ(*^-^*)♪ (少し日を置いてまた読み返そう~っとw)



幼少期から 読書は どちらかといえば「好きかなぁ?」な 程度な私ですが
それでも、不定期に 無我夢中で 没頭する 時もあったりで…

たとえその媒体は変わっても
いつまでも残ってほしい娯楽 文化のひとつだよなぁ…
 っと、あらためて 感じる 私でした。

[ 2017/05/27 10:15 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。